強迫性障害の症状:疾病恐怖

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 22

hanami7あさこ…私…もしかしたらもう何か月も生きられないかもしれない…。

 

asako4はなみ!どうしたの!?どこか悪いの?

 

hanami8お腹が痛くて…胃がんなんじゃないかな…

 

piyoko7はなみ、死なないでー!!病院には行ったの?検査は?

 

hanami7行ったよ!便秘気味だってお医者さんは言ってたけど、きっとこれは胃がんなんだよ…

 

asako1??

 

piyoko4え…検査したんだよね?

 

hanami4うん!心配だからほかの病院でも検査を受けたんだけど、便秘気味ですなって…でも胃がんなんじゃないかな…

 

asako1何がはなみをそんなに『胃がん』だと思わせてるの?

 

hanami8うちはおじいちゃんが胃がんで亡くなってるし、私も胃がんなんじゃないかなって…。

 

piyoko6でも…お医者さんがきちんと何度も検査したんだよね??

 

hanami7まぁ、たかだか5-6回だけど…検査はしたね。

 

asako4はなみ、多分疾病恐怖症じゃない?

 

hanami4なにそれ??

 

asako1自分が何らかの重大な病気にかかってるんじゃないかって不安になる症状で、この不安を打ち消すために特定の行為を繰り返したら、それは強迫性障害の疾病恐怖に当てはまるんだ。

 

piyoko3強迫性障害の疾病恐怖と、単なる疾病恐怖症があるの?

 

asako3強迫性障害には観念・行為がセットで存在するのが基本だから、観念だけの場合は疾病恐怖症ってイメージしてみてね。

疾病恐怖症は、心気神経症っていう別名も持ってるよ。

 

hanami7私の場合は強迫行為がないから、疾病恐怖症かもしれないってことなの!?胃がんなのに…あさことぴよこがわかってくれない…

 

asako4このように、本人は周囲や医師の意見を聞かずに過度に心配し続けるのも特徴のひとつだね。

 

piyoko3どうすればいいの?

 

asako2あさこパワー!!

 

sutekki

 

hanami4は…今までの不安は…どこへ?

 

asako2今回はこれで治すけど、本来は精神科医・カウンセラー連携の下でのしっかりした治療が必要だよ。

 - 不安障害・気分障害, 会話でわかるシリーズ