仮面うつ病の症状、特徴

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 114

hanami3仮面うつ病っていったい何の仮面をかぶってるんだろ?

 

piyoko4いい人の仮面かねぇ…。

 

asako1仮面うつ病でうつ病が被っている仮面は、『体の症状』だよ。

うつ病といえば気分の落ち込みややる気の喪失とともに体の症状が出てくるんだけど、仮面うつ病の場合は気分の落ち込みとかよりも体の症状が先なんだ。

 

hanami1なるほど!それじゃ、内科の受診を考えちゃう人もいるんじゃない?

 

asako3内科や胃腸内科で発見されやすい病気でもあるよ。そのところは適応障害にちょっと似てるかな。

 

piyoko3仮面うつ病の症状はうつ病の体の症状と似ているの?

 

asako1うん。睡眠障害や消化器関連の症状など、自律神経系の症状が出てくるのは仮面うつ病でもうつ病と変わらないよ。

食欲は減退しがちで、消化器が悪いこととも合わせて体重は減る傾向にあるみたい。

 

hanami6仮面うつ病の人は心の症状にはなかなか気づかないの?

 

asako1本人はうつ病だと思ってないケースが多くて、お医者さんに精神科分野の知識があれば転院や転科しての治療となるよ。

基本の治療はうつ病の治療と一緒で、抗うつ薬などを飲みながら精神療法に取り組む形になるんだ。

 

piyoko4なんにせよ、本人が気づいていないってとこがちょっと厄介な病気かもしれないね。

 - 会話でわかるシリーズ