更年期うつの体、心の症状、見分けるポイント

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/08/14

この記事を読むのにかかる時間: 127

asako1産後うつの話のときに、ホルモンの変化でうつ状態が起きる可能性を紹介したけど、女性ホルモンが大きく変化する時期には『更年期』と呼ばれる閉経前後もあるんだ。

 

hanami3そういえば更年期障害ってあるよね!更年期のうつもあるの?

 

asako1うん。更年期障害ではのぼせや肩こり、腰痛とかが起きるんだけどそこに心の症状も伴うと更年期うつと言えるよ。

 

piyoko1しっかりと見分けをつけるためのポイントってあるの?

 

asako1実際のところ、患者さん本人の様子を見ながら判断していくしかないから『これ!』って症状で見分けられるものではないね。

 

piyoko3そうなんだ!更年期うつになってしまった場合はどうすればいいの?

 

asako1少なくなったホルモンを補充することによって更年期障害・更年期うつの症状は治まってくるケースが多いから、ホルモン補充療法が基本となっているよ。

 

hanami3更年期が始まるのはいつくらいからなの?

 

asako1一般的には45-55歳くらいを更年期と言うけど、卵巣機能の衰えは40歳頃から始まってるよ。
更年期障害や更年期うつが出る時期は人それぞれで、長めに見るなら40代から50代後半くらいまでと考えておくといいと思うな。

 

hanami1はなみも遠い話ではないな。注意しなきゃ!

 

asako1更年期は誰にでも等しくやってくる存在だから、うまく付き合っていく方法を早いうちから考えておくのがおすすめ。

子供たちが巣立っても楽しめるような趣味を作っておくとか、運動で体の機能を少しでも保っておくとか。

 - 会話でわかるシリーズ