不安対策サプリ成分1-大麦発酵酵素

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2015/11/03

この記事の読了時間: 146

189大麦発酵酵素は大麦に麹菌を付着させたもので、大麦自体が健康に良い食品として愛されてきました。

酵素は消化、新陳代謝、循環など人間の体のさまざまな部分で働いているもので、最近は酵素ドリンクなども注目されています。

消化酵素(食べたものを吸収する)、代謝酵素(栄養素を体の中で働かせる)の2つが体内酵素で、食物に含まれる食物酵素は体外酵素です。

なお、消化酵素を使いすぎると代謝酵素が不足することがわかっており、体外酵素で消化酵素を補えば、代謝酵素を節約できると言われています。

不安と大麦発酵酵素

190大麦自体に165㎎/100gあたりのトリプトファン(セロトニンの原料)が含まれているので、セロトニンを産生しやすいです。

また、体外酵素を摂取することになるので、体の中で代謝酵素(栄養素を体の中で働かせる)が働きやすくなり、『栄養をエネルギーに変換する力』が強まります。

 

大麦と健康

191大麦自体の健康効果も学術研究を通して明らかになってきています。

平成27年度より取り入れられている機能性表示(科学的根拠を元にパッケージに表示される機能性)では大麦βグルカンについて以下の機能性を表示しています。

・コレステロール値の正常化

・食後血糖値の上昇抑制

・満腹感の持続作用

そのほかにも、現在血圧降下作用や腸内細菌へのアプローチ、免疫増強などの研究が行われています。

 

大麦発酵酵素への評価

★★☆☆☆

大麦発酵酵素は健康にはよいのですが、不安や自律神経系へのダイレクトな働きに関しては、いまだ研究途上といった感じです。

サプリメントの公式サイトではトリプトファンの摂取が可能といった表現が見られますが、それは食事やほかの成分でも可能。

特に大麦や大麦発酵酵素だけが不安に対して高いサポート力を持つわけではないので、不安対策サプリに必須の成分とまでは言えません

 

不安対策におススメの量

報告なし

 

上限量

報告なし

 - サプリメント比較