不安対策サプリ成分3-Lトリプトファン

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2015/11/03

この記事の読了時間: 148

100牛乳から発見された必須アミノ酸のひとつで、セロトニンやメラトニンを作る材料でもあります。

ほかには皮膚や神経を健康に保つナイアシンの生成にも関係しているといった特徴も持ち合わせています。

食品にも含まれているので、サプリメント以外での摂取も可能

不安とL-トリプトファン

195L-トリプトファンは5-HTPという代謝物質になったあと、セロトニンになり、それがさらにメラトニンの分泌を促します。

セロトニンがメラトニンを分泌しやすくすることから、トリプトファン摂取→セロトニンが増えて精神安定→メラトニンが増えて眠りやすくなるという好循環を生み出せるのもメリットと言えるでしょう。

不安が強い人、眠りについて悩みがある人にとって重要な成分です。

 

L-トリプトファンと健康

196セロトニン、メラトニンの分泌とも関係しているのですが、眠りの質が上がることで寝ている間に成長ホルモンがしっかり分泌されるようになります。

すると疲労回復しやすく、肌の新陳代謝が早くなるといったメリットも現れます。

また、L-トリプトファンから合成されるナイアシンにはコレステロールや中性脂肪値をコントロールする働きがあることもわかっています。

 

L-トリプトファンへの評価

★★★☆☆

L-トリプトファンについては欠乏時にセロトニン代謝に及ぼす影響などが研究されており、信頼度の高い成分と言えるでしょう。

実際、不安対策のためのサプリメントや快眠を助けるサプリメントの多くにはL-トリプトファンが含まれています。

サプリメントだけではなく日常生活でも摂取できるという点で、サプリメントの成分としての評価は★3つとしました。

 

不安対策におススメの量

体重1kgにつき2mg/日以上

例:60㎏の人であれば120mg/日~、40kgの人であれば80mg/日~

 

 

上限量

6000mg/日

 

注意点

抗うつ剤併用で、血圧の急激な変化の可能性がある

 - サプリメント比較