不安対策サプリ成分6-ギャバ(GABA)

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/19

この記事の読了時間: 226

ギャバはトリプトファン、グリシンと同じ『アミノ酸』で、γアミノ酪酸というのが正式名称です。

ギャバの特徴は哺乳類の脳や脊髄に存在することで、体内では酸素供給量を増やしたり、脳内の血流を活発にしたりといった働きを持っています。

また、内臓のはたらきを活発にする効果があることもわかっています。

不安とギャバ

204

ギャバ・ストレス研究センターによれば、高所恐怖症の男女がつり橋で感じるストレスをギャバが抑制することがわかったとのことです。

ギャバを摂取しない状態と、500mgのギャバを摂取した状態で高所恐怖症の男女8人に50mのつり橋をわたってもらいます。

そこでどれだけストレスがかかっているのかを測定します。

測定に使ったたのは唾液に含まれるクロモグラニンAというものです。

クロモグラニンAが多いとストレスが多く、少ないとストレスが少ないと感じていることになります。

結果的に、ギャバを摂取しているときはつり橋の中間地点でのクロモグラニンAの分泌量が、出発前に比べて平均20%程度低下していました。

ギャバを摂取しなかったグループは、出発前に比べて中間地点では平均20%程度、クロモグラニンAが増加しました。

参考:ギャバ・ストレス研究センター

上述のギャバ・ストレス研究センターのサイトにはさまざまな研究結果が掲載されているのでチェックしてみるのがおススメです。

 

ギャバと健康

205

2003年に、高血圧とGABAに関する研究が行なわれました。

正常高値もしくはⅠ度高血圧の男女計86名を2グループに分けます。

そしてGABAが入った飲料とプラセボ飲料(似たような雰囲気のGABAが入っていない飲料)を1日100ml、12週間飲んで血圧がどうなるかを調べました。プラセボ飲料を使うのは結果への心理的な要素を排除するためです。

結果として、特に大きな違いが出たのは収縮期血圧(上の血圧)でした。

6-12週目は特に優位差が認められます。拡張期血圧(下の血圧)についても、4-6週目は優位差がありました。

GABA含有乳酸菌飲料はこの実験では、優位な血圧降下作用を出すことができました。なお、安全性の問題もないとのこと。

梶本修身ら. (2003). GABA含有はっ酵乳製品の正常高値および軽症高血圧者に対する長期摂取時の有効性と安全性. 健康・栄養食品研究 6 1-14.

 

ギャバへの評価

★★★★☆

ギャバと脳に関しての研究量も多く、不安と関わりの深い高所恐怖症についての研究も行われているなど、信頼度の高い成分。

10年くらい前から注目されるようになった成分なので日本でも関連製品が手に入れやすいという点でも高評価としました。

 

上限量

1000mg/日

 - サプリメント比較