精神科の診断書ってどんな感じ?お値段はどれくらい?内容に意見できる?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/08

この記事を読むのにかかる時間: 250

今回は、精神科でもらう診断書のお話をしてみようと思います。

休職の手続き、休学の手続き、自立支援の手続きなどで一度くらいは診断書のお世話になることがあると思います。

診断書のお値段はどれくらいなのか、初回でも診断書はもらえるか、など実際の体験談も交えつつ紹介していきますね。

基本はケースバイケースなので、参考までにお願いします!

スポンサーリンク

診断書っていつ使うの?

診断書を使うシーンは、まず第一に自立支援医療受給者証の認定や更新時

私が今回掲載する診断書も自立支援医療受給者証の更新のためにいただいたものです。

ほかに、休職や休学手続きの際にも診断書が必要になります。

 

診断書のお値段・料金は?

一般的には3000-10000円程度といわれています。

裁量なのか、病院によってかなり値段・料金の違いがあるのが実情です。

ちなみに北海道のちょっと田舎に住む私の場合は、診断書は1000円です。

個人病院で規模も小さいので、周辺の大学病院や市立病院に比べるとちょっと安いようです。

 

初診で診断書はもらえる?

217
ケースバイケースですが、緊急で必要なら基本的には可能です。

実体験で言えば、診断がついてから2週間で診断書を書いてもらったので、2回目の診察なら可能といえますw

もちろん、何のために診断書が必要なのかということを明確に伝えないといけませんが。

私の場合は大学の授業での配慮のために診断書をもらいました。

 

診断書の内容は自分でいじれる?

診断書の内容を医師に『こうやって書いてください』って言って書いてもらっちゃった場合、医師が罪に問われます。

公的な場に出す診断書にうそを書くと医師の虚偽診断書作成罪になり、3年以下の禁固または30万円以下の罰金になるのです。

私的な場(民間保険など)に出す分でも、医師が公務員の場合は虚偽公文書作成罪になります。

そのため、よほどお金を積まれても断る医師が多いのではないでしょうか。

219
ちなみに、偽造した診断書をどこかに提出すると私文書偽造もしくは公文書偽造、詐欺罪等であなたがお縄にかかるかも…。

ただ、上手な詐病で医師がだまされてしまっていた場合は罪にも問われませんし、患者は自分の思い通りの診断書をもらえます。

ただ、精神科医もだてに精神科医をやってるわけではないので、見抜かれるリスクもあります^^;

 

実際の診断書に書かれている内容は?

2015年6月に出してもらった診断書を一部公開していたのですが、著作権上の問題があったため画像を削除しました:;

リアル感はないですが、書かれている内容についてのみ紹介します。

 

上のほうには名前や住所が書いてあります。

その下に病名、現病歴、症状、検査所見、生活環境…と続きます。

障害年金用の診断書などは様式が決まっているようです。

内容は治療が進むにつれ徐々に変わっていくので、今度7年間の私の治療の歴史もお見せします。

というわけで、精神科の診断書について参考になれば幸いです^^

 

関連エントリ

今年も自立支援の更新に行ってきたよ!さーて…かかった時間は?

 - コラム