人見知りがバイトや職場、初対面での飲み会を乗り切るための6つのポイント

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 432

春夏秋冬問わず人見知りを困らせるモノ、それが飲み会です。

私は大学時代ゼミの飲み会で2時間座っていただけのことがありますが、そういうときってすごく情けない気持ちになったり、途中で『あぁお金の無駄だ…』と思ったり…いろいろありますよね。

というわけで、今回は人見知りのあなたがバイトや職場から合コンや婚活パーティなどの初対面の飲み会まで、飲み会をうまくこなす方法を紹介していきます。

スポンサーリンク


Lesson1.その飲み会は本当に必要か?

まずは、飲み会自体に行くか行かないかっていう部分です。

社会人でも学生でも付き合いは少なからずあるとは思いますが、『本当にこの飲み会に参加した方がいいのか?』を一度考えてみるのがおススメです。

職場でもゼミでも、『絶対100%付き合いのいい人間でいなければ』なんてことはないはずです。

時には断ってもよさそうな飲み会もあるかもしれないので、空気を読みつつたまには飲み会を断る人間になってみてもよいのでは?

 

Lesson2.飲み会で得たいものを考える

人見知り,合コン,婚活,パーティ,飲み会人間は目的意識があると多少苦手なことでも頑張れます。

なので、飲み会に参加すると決めたら『最低でもこんなことが出来たらいいな』ということを考えてみてください。

婚活パーティだったら最低1人と連絡交換をするとか、バイトや会社の飲み会だったら誰々と話をするとか、そんな感じです。

結果的にあなたが得るものが多ければ、人見知りで感じるデメリットを超える体験になり、今後も飲み会に参加しやすくなります。

一方で本当に半強制的な付き合いで、別に得たいものなどない!という場合は『平然とそこに居続ける』あたりが目的になるかなと思います。

 

Lesson3.得たいものに合わせた席選び

席を選べるタイプの飲み会なら、Lesson2で決めた『得たいもの』に合わせて選べばOKです。

誰か特定の人と親しくなりたかったらそばに、他業種との交流会で今後のチャンスを広げたければよくしゃべりそうなタイプの近くに席を取るとよいです。

平然とそこにいるのが目的の場合は、端っこでいいと思います。

私自身も付き合いの飲み会は端っこか、最もやることがなさそうな場所を選んでます。

端っこが注文要員になることもあるので、注文要員でもいいかどうかも考えつつの席選びがおススメです。

 

Lesson4.話すときは親しみを出す

人見知り,飲み会,飲み,苦手,対処,対策元が人見知りだと急に言葉が詰まったり、しゃべろうとしておかしなテンションになったりしますよね…実話です…。

会話テクニックで盛り上げるのはなかなか難しい人こそが人見知りなので、会話は最低限のルールだけ(宗教政治の話題を避けるなど)守って態度で親しみを出すのがよいと思います。

まずは、とりあえず軽く微笑んでおくこと。

口元を軽く上げるくらいでいいのですが、軽く微笑むだけで『とっつきにくいな』という印象が減ります。

話しかけられる前から、話しかける前から口角を若干上げておきましょう。

 

それから、横で話を聞くときは相手の方に体をちょっと向けること。

また、名前を呼ぶのも親しみを出すには有効です。

目を合わせるとびっくりしたり拒否感を示す人もいるので、話すときは相手の口元あたりを見るのがよいです。

 

Lesson5.相槌は『始まり』

以前の私にありがちだったのが、相槌を『終わり』にしてしまうこと。

『そうですよね』『そうなんですか』で終わってしまって、まったく話が広がらないんです。

そうなると、もともと誰々と仲良くなる!と意気込んでやってきた飲み会で挫折を味わう羽目に…。

 

なので、話を盛り上げるためには相槌を『始まり』にするのがおススメです。

何か相手の趣味とかの話が出てきたら、『そこから広げる』か『そこから狭める』を選びましょう。

例えばサッカーの話だったら、サッカーから広げてスポーツ全般に行くか、サッカーから狭めて特定のチームや選手の話にするかです。

会話を広げたり狭めたりすれば、相手がよほど人見知りでない限りは話が続きます。

一応の目安として、出てきた話題にあまり興味がなければ話を広げる、出てきた話題に詳しかったり興味があれば話を狭めるとよいと思います。

 

Lesson6.沈黙を恐れない

人見知り,会社,バイト,飲み会,職場,初対面沈黙は本当に親しい人の間にもあるもので、嫌いとか飽きたとかのサインでないことも多々あります。

なので沈黙が来ても焦ることはないし、沈黙を恐れる必要もまったくありません。

って言ってもいきなり沈黙が来ると焦りそうだ…という場合は、飲み会直前に『沈黙が来ても大丈夫』ということを改めて頭の中で唱えておくのがおススメ。

あとは、いつも早口でしゃべっていて沈黙が来るとギャップが大きい場合は、あえてゆっくりめにしゃべって沈黙を目立たなくさせるのも良い方法です。

 

hanaminangoku今回は、飲み会で人見知りがうまく乗り切る方法を紹介しました。

ただそこに居続ける目的ならLesson4-6はそんなに必要ないかと思います。

その場合は、周囲の空気よりも料理やお酒に集中、自分の時間を楽しむくらいの気持ちで過ごすとよいかなと。

 - メンタルのためにできること