正論を言うと嫌われる?その理由とおすすめの伝え方を紹介

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 73

今回のテーマは『正論』

確かに正しいことを言ってるんだけどどうも反感を覚えてしまう方、近くにいたりしませんか?

また、逆に相手のことを思って正しいことを言っているつもりが嫌われたり責められてがっかり…ということもあるかもしれません。

正論を言うと嫌われてしまうのは何でなのか、上手な正論の使い方を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


そもそも正論って?

Wikipediaから正論の意味を引用します。

正論(せいろん)は、道理を説く論について正しいものであると評価する呼び方である。事実に関する議論や認識論について用いられることはあまりなく、ほとんどの場合が「**であるべきだ」という当為についての論である。

そのため、論の対象は道徳、倫理や規範、政策など、公共的な要素をもつものが多い。

実際の用法として多く見られるのは、多数が流されている状況に対する正しい少数派的意見、価値の多様化に対する堅くて古い感じのする常識意見、というニュアンスの評としての用法である。

Wikipedia-正論

 

正論が嫌われる理由

正論は正しいわけではない

正論,嫌われる,理由

正論は常識的な意見、道徳や倫理の観点から使われることの多い論です。

常識、道徳、倫理のどれも白と黒で分けられるものではありません。

例えば優先席に座るかどうかを考えてみます。

優先席はお年寄りや体の弱い方に優先されている、という認識が共通していたとしても方法論や線引きには当然違いが出ます。

最初から優先席を空けておくのを良しとする人、お年寄りなどが来たら立って譲るのを良しとする人といった方法論の違い。

そして、どこからを『優先すべき人』にするのかという線引きの違いもあります。

 

実話ですが、以前バスに乗った時に優先席に座っている中学生くらいの女の子(+立っているお母さん)がいたんです。

周囲のお年寄りの中には『なんで若い子が座っているんだ』と小声で言う方もいましたが、実は彼女はさっき退院してきたばかりだったんですね。

私は病院で検査をした帰りで、病院のロビーでその親子が挨拶をしているのを見て知っていましたが他の方すべてが『この子は身体が悪いんだな』とわかる状況ではありません。

精神疾患も同じで、うつ病の時は私も優先席に座りましたが、見る人が見れば『なんでこいつが』ってなりますよね。

線引きも含めると優先席1つを取っても『正論』が1つとは限らないのです。

 

正論の伝え方に問題がある

正論,嫌い,ばかり,意味ない,相手を傷つける,偉そう,腹立つ

正論が嫌われてしまう理由、2つ目は『伝え方』に問題があるということです。

上で紹介したように、正論は必ずしも正しいとは言えないですが、間違っているわけでもありません。

常識的に見ると『正しい』の範疇に入る、1つの意見ということですね。

この意見の伝え方を間違うケースが多いため、正論は嫌われてしまうんです。

ポイントとなるのは『正論を何のために使っているか・使われたと感じるか』です。

支配するため、やり込めるため、自分の意見に同調させるために使っていると正論を聞いた相手が思うと、途端に反発されます。

 

『正しい』の範疇に入る意見だからこそ、相手を抑圧・支配するのに使うことも出来てしまう意見です。

正論を言う方は使い方に注意が必要ですし、聞く方にもちょっとしたポイントがあります。

それは下の方の『正論の使い方』でお話しますね。

 

正論をつい言ってしまう人へ

正論,しんどい,通用しない,疲れた,なぜ嫌われる,何が悪い,人を追い詰める,振りかざす

相手が傷つくかなと思っていてもついつい正論を言ってしまう方は、正義感が強く秩序を守ろうとするタイプです。

この間紹介した強迫性パーソナリティ障害の方のような、規範意識が強いのがメリットでもありデメリットでもあります。

心理学的に言うと、『投影』『シャドウ』という2つの仕組みが関係しています。

自分自身がかつて『適当、だらしない、わがまま』などの要素を切り捨てたことから、他人の中に『自分が切り捨てた要素』を見てしまいます。

だからこそ正論(自分の抑圧にも使った規範意識)で、他人にあれこれ言いたくなってしまうということをまずは自覚しましょう。

 

正論にイライラしてしまう人へ

正論,批判,否定,腹が立つ,人は動かない,上司,苦手,逃げ道

正論にイライラしてしまう人も、正論を言ってしまう人と同じように『投影』『シャドウ』を使っている側面があります。

『正論を言う人』の中に『自分が抑圧した何か(感情、意見)』を見ているからイライラするということです。

それに加えて『支配される、抑圧されることへの反発』もあります。

誰しもそうですが、相手が自分を抑圧しようとしていると思うと、自分を守ろうとして反発します。

本当は、あなた以外には誰もあなたを支配することはできません

その事実に少し目を向けてみることも、正論にイライラしたときの対処法としてはおすすめです。

 

上手な正論の使い方・聞き方

正論バカだった管理人

正論,振りかざす,ふりかざす

別に本当にバカとは思っていませんが、本か何かで『正論バカ』というのがあったので真似してみました(笑)

今回正論の話をあれこれしているのは、私こそが正論ばかり言うタイプの人間だったからです。

典型的な内弁慶なので、身近な人には自分の意見(正論だと思ってた)もバシバシ言ってしまっていたんですよね。

そのことで一番よく揉めていたのが母です。

母からよく言われたのは、『わかってるけどできないこともある』『聖人君子(嫌味)』などなど。

 

病気その他をきっかけに気づく

正論,役に立たない,文句,よくない,弱い

私の今のところの人生のターニングポイントは、病気の発覚とそこから始まるあれこれの探求です。

この『正論問題』もその中で解決していった問題の1つで、何より大きかったのは『自分の抑圧』に気づけたということです。

母に普段言っていたことを『我慢しなきゃ、これはだめ』って思ってたのは何より自分で、しかもその『ダメ』は教育その他で作られた単なる思い込みだったと気づきました。

当時の私は母のためにと思って言っていたつもりです。

ですが実態は、思い込みを抱えた私が、母の姿に私を重ねてサンドバック代わりにボコボコにしてただけという(笑)

私が我慢してるんだからお前もしろよ!みたいな感じですね。

そして同時に、『私が我慢してるんだから=本当は我慢したくない』という本心にも気づくことができました。

それ以降は母にあれこれ言うんではなく、『自分を自由に』と意識しています。

 

正論でイライラしないために

正論,できない,出来ない,暴力,暴言,暴力性

一方で、母と話し合いながらお願いしたこともあります。

それは『何を求めているのかをざっくりでもいいので伝えて』ということです。

今欲しいのはただ話を聞いてもらうことなのか、有用なアドバイスか、なぐさめか。

母にとっては私も所詮『母が投影された姿』です。

そのことに気づいてもらうと同時に、自分の本心にも目を向けてもらうためこんなお願いをしました。

このお願いはけっこう効果的だったようで、私も母のニーズを上手に満たしてあげられるようになったし、母も落ち着いて私の意見を聞いてくれるようになりました。

 

正論の上手な使い方・聞き方まとめ

正論,嫌われる,理由,何が悪い,ふりかざす

以上の体験談を通して、私なりの正論の使い方・聞き方をまとめてみました。

 

正論の使い方

・正論(っぽい自分の意見)を言う時は、破壊力に注意しつつ慎重に

・正論(っぽい自分の意見)は絶対ではない、多様な意見があると知る

・相手のニーズに合っているかを考える

・自分の抑圧された感情や意見にも目を向ける

 

正論の聞き方

・正論は『正論っぽい意見』であり、絶対ではないと念頭に置く

・他人の意見によって自分の安全が脅かされることはないと知る

・自分の本心を探り、相手に求めることもできるだけはっきりさせる

・落ち着いて、その意見から取り入れられることはないかを考えてみる

 

私もまだまだ実践中の身です!これからも言い方には重々気をつけます…!

 - 接し方・対人関係の悩み