はなみの精神科通院日記2016年5月編

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/16

この記事を読むのにかかる時間: 225

こんばんは~はなみです^-^

5月12日に通院してきたので、今回はその記録と今月学んだことを書こうと思います!

正直通院していても寛解していてお医者さんと深い話をする時期ではなくなったので、お薬をもらうだけなんですよね^^;

なので、今月得たメンタル的な話とかもここでまとめられたらと思います。


スポンサーリンク

今月の処方-セディール消失!

強迫性障害,処方,通院4月にもらったセディールがまたまた余ったということで、じゃあもういらないじゃん!ってなって、ついにセディールが出なくなりました^^

デプロメールは相変わらず毎日100mgですが、普段は28日分なのになぜか今回は30日分…。

でも何も言われていないので、これはもしや『なくなったら適当に来い!』という無言のメッセージなのでしょうか…?

とりあえずなるべく離脱症状には気を付けつついろいろ試してみたいと思いますw

 

待ち時間…orz

精神科,待ち時間
5月9日まで行ったアンケートでも待ち時間が1時間超えって方がけっこういて親近感を覚えたのですが、私も今回は1時間半待ちでした^^;

先週連休だったせいで来れなかった患者さんが多かったこと、初診の患者さんが多かったことが関係しているみたいですね。

そんな中一生懸命治療を頑張るA先生には頭が上がりません!

この時期になると大学生や社会人1-2年目と思うような若い方の姿も見ることが多くて、よくなって今より明るい顔でまた待合室で見かけられたらいいなーってひそかに願っています。

多分自分が同じくらいで通院を始めたから、そのときのことを思い出すのかも。

ちなみに精神科の待ち時間に関するアンケートは以下にまとめてありますので、参考までに!

精神科の待ち時間と暇つぶしの方法に関するアンケート結果!

 

今月の学び-自分の感情に執着しない

精神科,強迫性障害,通院
私の場合、強迫行為が出る背景には『罪悪感』があることが多かったんです。

だからどうしても自分の感情にセンサーを張って、それを監視して良い・悪いを決めようとするという問題が。

良い・悪いを決めないようにするのは自愛や自己観察でできますし、セドナメソッドなどで徐々に感情への執着を外してはきましたが、先月から今月にかけてはそれをより実感する月となりました。

一般的にも悪いとされている感情、自分の中でさばきたい感情がありながら生活しても、まったく問題がないってことです!

長年1つ1つとらえては(強迫行為で)解消しようとするというクセを続けてきたので改善は難しかったですが、最近は自分の感情や思考に執着しすぎないように出来ているかなぁと思います。

もし似たような症状で悩んでいる方がいれば、『感情・思考へのしがみつき・執着』という側面で病態をとらえてみるとよいかもしれません!

精神科,通院,強迫性障害

 - ブログ・体験談