ストレスとしびれの関係、対処法と危険なしびれの見分け方

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 430

日常的に起きることはあるけど、あまりにも長く続いたり違和感がひどい症状のひとつがしびれ。

ストレスで体がしびれてしまうこともあるのですが、ストレスでの体のしびれの仕組み、危険なしびれとの見分け方、上手な対処法を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク


自律神経の乱れとしびれ

ストレスと体のしびれ、特に手足のしびれを結びつけるものが『自律神経系の異常』です。

交感神経、副交感神経からなる自律神経系がバランスを崩すと、血行が悪くなります。

そのため体の末端にある手足にうまく血が回らず、しびれてしまうんですね。

自律神経系の乱れ→血行不良→しびれという構図は、ストレスに関連したしびれを示す一般的な公式です。

 

自律神経系のしびれ対処法

自律神経系のしびれでは血の巡りが悪いことが原因ですので、温めることが有効です。

例えば普段から温かい飲み物を飲む、入浴で体全体を温めるなど。

自律神経系から来る冷え対策グッズを以前紹介しましたので、参考にしていただけたら幸いです。

その他に、自律神経系を整える生活習慣を取り入れるのも効果的です。

 

自律神経からの冷えもある!?おススメの冷え対策グッズ5選

 

パニック障害でのしびれ

パニック障害でも全身のあらゆるところのしびれ、特に足の親指のしびれが見られることがあります。

その場合は強い不安感が伴ったり、動悸が伴ったりするのでしびれの原因を判断するのは分かりやすいです。

※パニック障害の症状は人によってどの部分が強く出るかが違いますので、しびれの出ない方もいます。

 

パニック障害でのしびれ対処法

ストレス,しびれ,手,手足,足,足指,足の親指,足先,パニック障害,冷え,自律神経

原因がパニック障害にあるので、薬や認知療法を通してパニック障害自体を治療することが最優先です。

薬を使った治療、曝露療法などを通してパニック障害を改善すると、徐々にパニック発作がなくなり、しびれもなくなります。

 

過呼吸でのしびれ

パニック発作で過呼吸が起きるためパニック障害でのしびれと被る部分もあるのですが、過呼吸でも手足など末端のしびれが起きることがあります。

過呼吸になると血液がアルカリ性になるので、体は血液を元の状態に戻そうとします。

その過程で血中のカルシウムイオンの量が少なくなることで、手足のしびれ、けいれんなどが起きてしまうのです。

 

過呼吸でのしびれ対処法

ストレス,しびれ,対処法,過呼吸,しびれる

過呼吸は長くとも30分程度しか続かないと言われていますが、私の最長記録は4時間半です。

30分から1時間くらいまでは様子を見るのもありかなとは思いますが、1時間半を超えたら病院に行った方がいいです。

過呼吸の後ろに何か病気が隠れていたりという可能性もあるので、必要な時には適宜病院へ!

自分で対処できそうだなと思う時は『息を吐く』ことに集中するのがおすすめです。

 

久々の過呼吸発作が起きたお話&過呼吸発作についてまとめてみた

 

注意したいしびれの症状

自律神経系のしびれ、パニック発作・過呼吸によるしびれを紹介してきましたが、しびれの症状が出る病気ですぐに受診が必要な病気も少なくはありません。

そこで、こんなしびれが出たら要注意!というしびれの特徴や考えられる病気をまとめてみました。

 

しびれ+ものが二重に見える

しびれはわずか数分で治まるものの、ものが二重に見えたりろれつが回らない場合、一過性脳虚血発作を起こしている可能性があります。

これは一時的に脳の血の巡りが悪くなる病気ですが、脳梗塞の前触れにもなる危険な病気。

何度か数分で治まるしびれとものが二重に見えるといった体験があるなら、一刻も早い受診を。

しびれ,痺れ,脳出血,脳腫瘍,脳卒中,危険

 

半身のみのしびれ

左半身のみに現れるしびれ、右半身のみに現れるしびれは脳の病気と関わっている可能性があります。

例えば脳内の血管が破裂する脳出血、脳細胞が死んでしまう脳梗塞などです。

脳出血の場合はひどいしびれにプラスして片側半分が見えなくなる『半盲』の症状が特徴的。

 

しびれ+朝一の頭痛や吐き気

手足のしびれにプラスして朝一番、特に早朝の強い頭痛や吐き気、実際に嘔吐するときには脳腫瘍の可能性があります。

ほかの脳の病気と同じように脳腫瘍でも言語障害(うまくしゃべれない)、視野が欠けるといった症状が出ることが多いです。

また、脳腫瘍には耳鳴り・難聴など耳に症状が出ることもあります。

半身,しびれ,痺れ,脳梗塞,脳出血

 

ひどいしびれが長く続く

軽微なしびれではなく、耐えられるギリギリくらいのひどいしびれが長く続くときにも要注意。

脳腫瘍のほか脊髄に腫瘍ができている可能性もあり、精密検査が必要です。

今回は脳の病気を中心に危険なしびれとして紹介しましたが、他の部位の病気でもしびれが出ることがあるので、ひどいしびれが続くようであればまずは内科を受診してみてください。

 

hanami8この間しびれがやけに続くなーって思って心配してたら、軽い寝違えでしたw

しびれは本当にいろんな原因で起きるんだなぁと思い、この記事を作成するに至りました。

 - 心の病気・ストレスと関係する病気