ストレスと息苦しさの関係-原因、薬、解消法まとめました-

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事の読了時間: 528

ストレスがかかるとどうも息苦しいな、なんか喉が変…っていう症状をお持ちの方もいるかもしれません。

というか…私がそうでした!

今回はストレスと息苦しさ/ストレスで息苦しい仕組みや対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク


息苦しさの原因は何だろう?

まずはストレス云々の前に息苦しさの原因って何だろう?ってところを見て行きたいと思います。

息苦しいというのは酸素が足りないか、酸素が足りないと感じることです。

実際に酸素が足りていない場合もあれば、体の方で勝手に酸素が足りないと勘違いする場合もあります。

 

原因不明の息苦しさの大半は自律神経系

肺が悪い、心臓が悪い場合は内科的な検査で見つかりやすいです。

息苦しさがあまりにひどい場合は、まず内科的な検査をして、必要に応じて薬や手術などの治療を選択してください。

いざ病院に行っても『これといった原因が見つからない』場合は、大半が自律神経系の問題と言われています。

 

自律神経と息苦しさ

自律神経系の乱れで息苦しくなる仕組み
自律神経のうち迷走神経-呼吸中枢(大体同じ部位にある)が、息苦しさと深い関係にあります。

交感神経と副交感神経からなる自律神経が迷走神経-呼吸中枢に情報を伝えたり調整したりして、肋間筋・横隔膜の筋肉を使って呼吸を支えています。

自律神経系が乱れるというのは命令系統が乱れることと同じなので、肋間筋・横隔膜の働きに影響を及ぼします。

 

簡単に横隔膜の硬さをチェック!

息苦しさとかかわる横隔膜はどこにあるのか
画像出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/

横隔膜は肋骨のすぐ下にあり、膜という名前ではありますが実際のところはお肉の塊といった感じです。

では、さっそく横隔膜の固さをチェックしていきましょう!

横隔膜が固くなって息苦しいかをチェック
画像出典:http://moteco-web.jp/diet/10148

1つ目は、写真のように両膝を立てて寝た状態で測るやり方です。

腹式呼吸(お腹を膨らませて鼻から息を吸い、お腹をへこませて口から息を吐く)をします。

次にいつも通りの呼吸をします。

腹式呼吸→自然呼吸→腹式呼吸→自然呼吸…を繰り返し、最後に腹式呼吸で吐く時間を計測します。

それだけで横隔膜の固さが簡単にわかります。
ストレスと息苦しさと横隔膜
10-15秒だと呼吸が浅くなるほどのお腹の固さです。

15-30秒でも緊張は見られ、お腹は割と固いです。

30-40秒だとそこまで影響はないものの、少し固めです。

40秒以上であれば理想的な状態です。

 

もう1つはみぞおちの固さを測るやり方です。

みぞおちから息苦しさの原因を探す
画像出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Xiphoid_process

この部分が固くなっていると横隔膜が固くなっていたりこわばっていたりすることが多いです。

触った時に固いかどうかをチェックしてみてください。

 

ヒステリー球の可能性

ヒステリー球と息苦しさ、自律神経
ヒステリー球というのはストレスによって喉の違和感や異物感を感じる病気です。

息苦しいというよりも喉が常にイガイガしたような感じ、喉に何か詰まっていると感じる場合はヒステリー球の可能性もあります。

ヒステリー球は自律神経系のうち交感神経が過剰に働いて起きています。

また、咽喉頭食道異常感症・咽喉頭神経症・咽喉頭異常感症という別名もあります。

 

ストレスからくる息苦しさを抑える薬はあるの?

ストレスからくる息苦しさを抑える市販薬
自律神経系から来る息苦しさを抑えるには抗不安薬や自律神経調整薬などが用いられることが多いです。

これらは病院に行って診察を受けないともらえない薬です。

病院でも漢方が処方されることがありますが、市販の漢方薬もあります。

ツムラが出している『半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)』は、喉のつかえがひどい場合におすすめです。

他にもツムラでは症状に合わせた漢方薬紹介があるので、参考までにどうぞ→ツムラの公式サイトで精神不安の漢方薬を見てみる

 

どこの病院で治療するの?

ストレス性の息苦しさをどこで治療するか
ストレスで息苦しいな…と思った場合にもほかの病気の可能性は否定できないので、まずは内科を受診することをおすすめします。

喉の違和感がひどい場合は耳鼻咽喉科でもよいかもしれません。

ヒステリー球だった場合は内科・耳鼻咽喉科でも治療していますし、軽い精神不安の場合はそのまま内科での治療の可能性もあります。

内科対応できない場合は心療内科へ行くことが多いです。

心の症状の方が重いなら精神科での治療といったケースが考えられます。

 

動悸や咳が出る場合

息苦しさ、動悸、咳とストレス
息苦しいだけではなく動悸や咳が出る場合に考えられる病気をいくつかピックアップして紹介します。

・パニック発作…特定の場所での動悸・息苦しさ・震えなどが出る場合

パニック障害については『パニック障害ってどんな病気』を参照してみてください。

 

・過呼吸…呼吸が荒く吸っても吸っても足りない感じ、手足のしびれなど。(軽い酸欠に体が過剰反応しています)

過呼吸の体験談は『久々の過呼吸発作が起きたお話』を参照してみてください。

 

・喘息…夜など副交感神経が働いているときに苦しい場合は、喘息の可能性も否定できません。

 

対処法1.横隔膜を柔らかくする

いくつか横隔膜のストレッチやマッサージを紹介します。

動画によってはくびれであったり声であったりと目的は違いますが、ストレスからくる息苦しさにも効果的です。

 

対処法2.自律神経系を整えるTips

防寒をしっかりして寝る2-3時間前に足浴をする

食物繊維の多い食べ物を摂取する(副交感神経が優位になる)

・目が覚めたら布団のなかで簡単に体を動かす

・朝一番の光を浴びる(参照:光とメンタルケア)

・夜は光を控えめにし、あまり考え事をせずに寝る

・ストレスに対する見方を変える、認知の歪みを修正する

 

hanaminangoku以上、ストレスからくる息苦しさについてまとめてみました!ちなみに私は横隔膜のチェックをしたところ11秒しか持たず…:;今日から早速横隔膜のストレッチを行っています^^

 

 - 心の病気・ストレスと関係する病気