ストレス測定アプリ『ストレススキャン』の仕組みや信憑性は?

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/12/07

この記事を読むのにかかる時間: 410

以前COCOLOLO(ココロ炉)という自律神経のバランス測定アプリを紹介しましたが、今回は同じようなストレス測定アプリ『ストレススキャン』を実際にダウンロードしてみたので紹介します!

ストレススキャンの仕組み、対応端末、実際に使ってみたときのスクショなどいろいろとまとめてみました。

最近はCOCOLOLO以外にも体調を管理しようという主旨のアプリが多いなと感じています。

上手に活用できるように、気づいたことなどは随時追記していきますね。

スポンサーリンク

ストレススキャンの仕組み

ストレススキャンの目的は、COCOLOLOと同じように自律神経系のバランスを測って数値化したものをストレス対策に役立ててもらうことです。

どちらも自律神経系の交感神経が優位なのか、副交感神経が優位なのかを測りますが、仕組みはちょっと違います。

ストレススキャンでは、心拍の波形から自律神経系の状態を読み取るのが特徴。

一方でCOCOLOLOは血流に含まれるヘモグロビン量から自律神経系の状態を読み取っています。

 

ストレススキャンの価格・対応端末

価格は無料で、アンドロイド・iPhoneの両方に対応しています。

iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

公式サイトはこちら

 

実際に使ってみよう!

実際にどんな感じなのか、画像とともに紹介していきます。

ダウンロードしたら、まずは基本設定をしておきます。

性別、年齢、通知をするかどうかだけの簡単な設定です。

ストレススキャン,ストレス,測定,アプリ,方法

 

次に測定ボタンを押して、測定の準備!

画像にあるようにカメラに指を当てるだけで、この辺はCOCOLOLOと一緒ですね。

ストレス,測定,アプリ,アンドロイド,iPhone

測定を開始すると下の画像のような画面が出てきます。

睡眠時間や食事、運動についての質問が表示されるので、指を当てていない方で操作して質問に答えましょう。

ストレス,ストレススキャン,アプリ,測定,画面

測定は2分くらいで、私は熱いとは感じませんでした。

測定中にはこのようにストレス関連の小話も読めるようになっています。

ストレススキャン,アプリ,人気,ストレス,測定

また、画像ではグラフが点線になっていますが実際は線です!たぶんスクショのタイミングの関係かと…。

終了するとストレス指数が出てきます。この日は27点でストレスは低めですね♪

ストレススキャン,アプリ,結果,信憑性

その他、コラムを読んだりできるところもCOCOLOLOと似てるかな?と感じました。

ストレス,アプリ,ストレススキャン,コラム

 

ストレススキャンの信ぴょう性は?

COCOLOLOもストレススキャンも自律神経系のアプリということで、時間差がほとんどない状態で測ったらどうなるのかな?と比較してみることにしました。

COCOLOLO,ココロロ,ストレス,測定,アプリ,比較

こちらがCOCOLOLOで測ったもの。ややストレス気味と出ています。

ちなみに『詳細を見る』で見たところ、心拍数は77bpmでした。

 

ストレススキャン,ストレス,測定,アプリ,比較

こちらがストレススキャンで測ったもの。

ストレス指数は低いとの結果で、心拍数は74bpmでした。

 

心拍数はどちらも一緒くらいで、家庭用の血圧計で測っても76bpmだったので心拍数自体は信ぴょう性・信頼性があると思います。

感覚的にはストレスを感じているな、ちょっとイライラしているなと思ったのでCOCOLOLOの方が自分の感覚には近いかと。

何回かやってみたんですが、ストレススキャンの方が『ストレスがあまりない』と出ることが多いように思います。

ただ、学習機能があるのでストレススキャンは徐々に信憑性が上がっていく可能性はもちろんあります。

使って20日程度ではCOCOLOLOの方が信ぴょう性があるという感じです。

 

おススメはCOCOLOLO

ストレススキャン,ストレス,COCOLOLO,比較

今のところの私のおすすめのストレス管理アプリはCOCOLOLOです。

ストレススキャンも悪くはないしこれから数値の信頼性が上がる可能性はあるんですが、COCOLOLOの方が測定時間が若干短いんです。

なのでちょっとした時間でやろうと思ったらCOCOLOLOの方が便利という理由で、COCOLOLOをおすすめします。

 

一方で、COCOLOLOの結果はちょっとネガティブに出る傾向があるので(私の場合ですが)、『ぐったり』『ストレス気味』といった言葉でますます気持ちが疲れそうならストレススキャンの方が良いかも。

憂鬱な時や落ち込んでる時は言葉の影響もすごく受けやすいので、その辺は使い分けが重要だと感じました。

 

hanaminangokuというわけで基本的にはCOCOLOLOを使いつつ、随時ストレススキャンの信頼性が上がるかもチェックしていきたいと思います。

どちらのアプリを使うにしても、継続して使って自分の心・体に関心を持つのが1番大事なポイントです♪

 - コラム