6月5日東京にて強迫性障害の体験・克服報告会開催

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2016/11/15

この記事を読むのにかかる時間: 45

こんばんは!はなみです^-^

今日は親子の共依存についてアップする予定でしたが、予定を変えて東京で開かれる強迫性障害の克服体験談を聞ける講座を紹介したいと思います。

あれです、親子の共依存について考えてたら最終的に脳みそがヒートして、書いたものに対して推敲する力がなくなったんですw

あと、克服体験談の会が5日ということでタイミング的にも今紹介した方がいいかなと思いまして♪

いつ、どこで行われるの?値段は?

今週末の6月5日、場所は 東京ボランティア・市民活動センターのセントラルプラザ10階です。

飯田橋駅にほど近いところにあるとのこと。

田舎民の私は飯田橋の読み方も知りませんでしたが、とにかく不便ではないようです。

費用は昼食代込みで3000円、9時半から夕方5時まで昼食を挟みながら行われますが、途中参加も可能です。

どれくらいまでいられる、どれくらいになったら帰らないと、等ありましたら連絡しておけばOKとのことです。

こちらに詳細が載っています→http://kyouhakunaosu.jugem.jp/?eid=234

 

どんな人が来るの?

今回は田村浩二さん、佐藤条二さん、ダック山下さん、Happy Designer★KENさんの4名による講演を中心としつつ、昼食に交流会があります♪

この中でも特に有名な方と言えば田村浩二さんかなと私は思います。

医学専門書(特に精神医学)の学術書出版で知られる星和書店さんからも3冊出版、ほかの出版社からの出版もある方です。

ちょうど私がもっとも苦しんでいた時期に『強迫性障害・聞きたいこと知りたいこと』という本が出版されて、励まされた思い出も。

それからダック山下さんはOCD-Kanagawaの代表世話人の方です。

知らない方かも…と思ったんですが、NHKの強迫性障害特集に出演していた方で、顔を見たら『はΣ』と気付きました!

さらに佐藤条二さんは2014年に著書『ある日、「誰にもいえない」ことに襲われる-ノイローゼの時代』を出版した方で、強迫性障害を経て東大合格という偉業まで成し遂げた方。

そしてKENさんは、20代後半になって強迫性障害の診断を受けた方で、現在はカウンセラーとして活動しながら今回の『OCDを克服する会』の主催としてイベント全体の管理も行っています。

ちなみに私はこのKENさんを通じてイベントを知ったんですが、以前北海道の富良野で黒板五郎(北の国からの!)さん的生活をしていたらしいですよ…!

道産子的には強迫性障害の話だけではなく富良野話もしたいところですw

とにかく、この4人の方が森田療法、禅、自己流、薬物療法、行動療法などそれぞれの体験を語ってくれるのが今回の会の最大の特徴です。

 

講演会の上手な利用法!

今回の講演会は克服体験談を聞きながら、いろいろな治療方法を知ることができるのが最大のメリットとなると思います。

薬物療法が合う方もいれば森田療法が合う方もいるので、体験談や持っている強迫症状と照らし合わせながら、今後の自分に合いそうな治療法を探してみるというのがまず1つ目の利用法。

2つ目は力をもらいに行くという利用法です!

私も精神的に瀕死の時、立ち上がるためには優しい言葉だったり同じ体験をした人の理解だったり、そういうものが必要だった時期があります。

同じように苦しんでいても今はこんな風にいろんなことを話せるんだ!って元気と勇気がわいてくるような講演会になるのでは?と思います。

そして3つ目。当事者や家族同士の交流も予定されているそうです。

うちの母も言ってましたがそうでない人から見ると強迫性障害って割と理解が難しい病気なので、家族と一緒に行って理解を深めてもらうチャンスにもなるかなと^-^

個人的に、家族の理解があるとピンチのときに治療がスムーズに行くかなとも感じますし。

 

まとめ

・飯田橋駅近くにて強迫性障害の克服講座がある!

・さまざまな治療法を知って自分に合った治療法を考えるきっかけになる

・強迫性障害を克服後、素敵な人生を歩んでいる人の話を聞いて元気をもらえる

・交流会(予定)で当事者同士がお互いの苦労を分かち合えたり、家族の理解促進にも役立つ

申し込みはこちらから→http://kyouhakunaosu.jugem.jp/?eid=234

 

hanami7私も行きたいけど、もう予定が立ってしまっていて…:;

 - お知らせやサイト紹介