押すだけがツボ刺激じゃない!ツボ刺激の方法6選とおすすめランキング

記事の画像はイメージです。特定の人物を指すものではありません。

      2017/07/17

この記事を読むのにかかる時間: 547

ツボと言えば押すイメージがありますが、実は様々な方法があります。

そこで、ここではツボ刺激の方法の比較をしてみます。

自分でできる6種類のツボ刺激の方法紹介、比較表、ランキングを作成しました。

ここでいう『効果に期待できる』は、一般的な知識+私の経験上で紹介しています。

体質や痛みへの強さなどの個人差で実際に得られる効果には違いがあります。

スポンサーリンク


ツボを『押す』ことについて

日本ではツボは『押す』が一番メジャーですが、東洋医学の本場である中国では『押す』のはメジャーな方法ではありません。

刺す、暖める、焼く(火鍼)が一般的で、押すよりもおすすめの方法です。

 

棒などを使ったツボ押し

ツボ押し棒などのグッズを使ったツボ押しです。

 

ツボ押し棒のメリット

・体への負担が少ない

・痛みがほとんどない

・格安で始められる

・腕・指が届かない場所でも押しやすい

・筋肉にストレッチをかけられる

 

ツボ押し棒のデメリット

・ツボ刺激の本流ではなく、効果への期待は薄い

・手間がかかる(1回1回ツボ押しの時間を必要とする)

 

お灸を使ったツボ刺激

ツボの上にお灸を乗せる方法です。

最近は煙の出ないお灸もあるので、煙が苦手な方でも使いやすくなりました。

 

お灸のメリット

・ツボ・患部に熱刺激が伝わるので、血行改善効果が期待できる

・抵抗力向上が期待できる

・押すよりも効果が期待できる

 

お灸のデメリット

・一時的に眠気やだるさが出る可能性がある

・火傷のリスクがある(特に自分でやる場合には注意が必要)

・手間がかかる(1回1回ツボ押しの時間を必要とする)

 

刺さない鍼(てい鍼)

てい鍼という棒状の器具を使ったツボ刺激で、鍼なので『刺す』に分類されます。

 

てい鍼のメリット

・痛みがほとんどない

・押すよりも効果が期待できる

 

てい鍼のデメリット

・素材や太さのバリエーションが多く、初心者には扱いにくい

・一時的に眠気やだるさが出る可能性がある

・手間がかかる(1回1回ツボ押しの時間を必要とする)

 

指でのツボ押し

親指を立ててスマイル

親指の腹などを使った指でのツボ刺激です。

日本ではもっとも一般的なツボ刺激の方法と言えるでしょう。

 

指でのツボ押しのメリット

・体への負担が少ない

・痛みがほとんどない

・筋肉にストレッチをかけられる

・道具が必要ないし費用も無料

・自分でやる場合は最も手軽に始められる

 

指でのツボ押しのデメリット

・ツボ刺激の本流ではなく、効果への期待は薄い

・手間がかかる(1回1回ツボ押しの時間を必要とする)

・力のかけ具合を間違えるとあざになるリスクがある

 

刺さないパッチ鍼でのツボ刺激

ささない鍼アキュライフの外観

金属の粒でツボを刺激する方法です。

 

刺さないパッチ鍼のメリット

・痛みがほとんどない

・押すよりも効果が期待できる

・1度つければ24時間程度は貼りっぱなしでOK

・家庭でも試しやすい

 

刺さないパッチ鍼のデメリット

・刺す鍼ほどの効果は期待できない

・一時的に眠気やだるさが出る可能性がある

 

刺すパッチ鍼でのツボ刺激

シールに鍼がついており、鍼の先端でツボ刺激をします。

 

刺すパッチ鍼のメリット

・様々なツボ刺激の方法の中でも効果が期待できる(深部の筋肉にアプローチできるため)

・1度つければ24時間程度は貼りっぱなしでOK

 

刺すパッチ鍼のデメリット

・痛い(特に治療初期)

・自分でやるとなると、しっかりとした勉強が必要

・生まれつきあざができやすい方は内出血するリスクがある

・一時的に眠気やだるさが出る可能性がある

 

ツボ刺激の方法比較表

方法費用難易度おすすめの人おすすめ度
ツボ押し(棒など)300円~★☆☆背中など、指で刺激しにくい場所のケアも考えている人★☆☆
お灸300円~/月★★☆冷え性や筋肉の緊張がひどい人★★☆
刺さない鍼(てい鍼)1700円~★★★鍼に慣れている人★★☆
ツボ押し(指)無料★☆☆最も手軽にツボ刺激を始めたい人★★☆
刺さないパッチ鍼1200円~/月★☆☆持続的なケアがしたい人・鍼初心者★★★
刺すパッチ鍼600円~/月★★★持続的なケアがしたい人・鍼に慣れている人★★☆

 

当サイトのおすすめツボ刺激法ランキング

6種類のツボ刺激の方法の中から、3つ当サイトでおすすめしたいツボ刺激方法を紹介します。

 

ツボ刺激ランキング1位-刺さないパッチ鍼

1位の選考理由は『楽、痛くない、初心者向け』という3つのメリットからです。

忙しい日常の中で、ツボ刺激の時間を5分でも10分でも取るっていうのはやっぱり難しいと思うんです。

その点を考えると、必然的につけっぱなしにできるパッチ鍼が上位にランクインします。

刺すパッチ鍼と違って痛くない、初心者でも試しやすいのでもっとも取っつきやすいと感じ、1位としました。

 

ツボ刺激ランキング2位-刺すパッチ鍼

2位の選考理由は『楽、効果への期待度の高さ』という2つのメリットからです。

つけっぱなし、置きっぱなしが可能という点は、1位の刺さない鍼と同じメリットと言えますよね。

刺さない鍼に比べると痛みがあり、初心者には向かないということで2位になりました。

ですが、鍼治療に慣れている方には、刺す鍼の方がやはりおすすめ。

効果についても、紹介した6種類のツボ刺激の中でももっとも期待度が高いです。

 

ツボ刺激ランキング3位-指でのツボ押し

3位の選考理由は『手軽、初心者向け』という2つのメリットからです。

効果という面で見てみると、期待度は薄いです。

その代り手軽で無料、いつでもできるという簡便さは魅力になります。

ちょっとやってみたいけどお金をかけるほどでは…という方にはもっとも向いている方法です。

個人的には指でのツボ押しだけではなく刺す鍼・刺さない鍼との組み合わせがよいと考えています。

 

特におすすめの『刺さないパッチ鍼』は下記の記事で紹介しています。

ささない鍼・アキュライフの効果と販売店、耐久性、おすすめの使い方

画像内のタイトルをクリックすると見に行けますので、ぜひどうぞ~^^

 - メンタルのためにできること